スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手帳販売員。

おはようございます。しのやんです。

昨日、のど飴をばりばりなめてたら、2本目にいくところで、たけくに「そんなにイッキになめたら糖尿病になるよ!」って言われて、やめました。

さて、ビールのおいしい季節が続きます。1月から12月まで続きます。

昨日は神戸ヘラバラウンジ、お越し頂きありがとうございました!
ソロっていうのはあんまり慣れてなかったけど、大分わかってきました。
ドラムがないバンドみたいです。ぼくはそうなので、ギターソロも弾いちゃいます。
もう、いけいけ、どんどんです。がんばるばい~。

帰り、お腹すいたので松屋の牛丼食べました。神戸牛じゃなくてね、あびこ牛の。

さて。大阪の思い出をまたひとつ。

ぼくがなんじゃかお祭やら展示会なんかで使ういろんなもののレンタル屋さんで働いていたときのお話です。
なんでも貸します、ふんふんふん。着ぐるみ、テント、スモーク、でっかい柱に椅子にテーブル。
ぼくはそこで左手の指の骨を折るんですが、でもギターは弾けたので、ライブもできたし、なんの問題もなかったです。

そこのアルバイトの男子に怪しいうわさがありました。
「あいつは、どうも、ほかのアルバイトのコに手帳を売りつけているらしい。」って。
手帳?確かにヤツはアルバイトには似つかわしくない、多忙なサラリーマンか秘書が使うような革の分厚いスケジュール帳を持ち歩いておりました。
で、気になって数日にわたり観察しておりましたが、ははん、確かに。
「○○クゥーン、今日は、夕方ヒマなんだっけ?」
「お昼はこっちで食べようよぉ。」
「待ってるから、一緒に帰ろぉー。」
うーん、普通っちゃ普通やけど、なんか、口調が怪しいぺたぺたした口調なのよね。

で、お昼休みにひとりの青年を捕まえて、にやにやとなにやら問いかけております。
本を読みながらね、青年に問いかけ、なんか、納得しとるわけです。
近くでぼけーっとしていたわたし、だんだん気になってきて、何読んでんだろって。
そしたらね、正確なタイトルかはちょっともう自信ないけど、

「必ず人に話したくなる心理学」っていうタイトルでした。

あ、キミ、キミ、そこの、キミ。手帳販売員のキミ。
キミ、キミ、勉強熱心なキミ。
キミ、操られてるよ!
キミ、きっと、その本に操られているように!
きっと、手帳販売員の元締めに操られているよ!

気づいてー!

でも、まぁ、おもしろいから、いいか。

どうしてるかなぁ。

手帳、売れてるかなぁ。

おわり。
スポンサーサイト
プロフィール

しのやん(SHiNOYAN)

Author:しのやん(SHiNOYAN)
チナスキーランチボックスのしのやんです。
HP
Twitter

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。